「ちゅうざん病院 今月の1枚」更新履歴


平成30年6月

月1回の臨床研究勉強会です。
全国学会や論文作成に向けてみんなでディスカッション行いました。



本日は、月に一度の全体朝礼でした。
末永院長のお話しで、「準備の重要性」について言葉をいただきました。
イチロー選手の言葉で「結果は本番前で決まっている」を例に、どう準備をするかが大事であるということでした。
また、今月の一言は、理学療法士・渡嘉敷主任の院外活動の大切さで、入院前にゲートボールを趣味でやっていた方のお話でした。
療法士としてどうアプローチしていけばいいのか?心と身体のサポートをどう行えばいいのか?ゲートボールを通してまたひとつ勉強できたようです。

今日から新しく久留米から押領司先生がいらっしゃいました!!
2ヶ月間、宜しくお願いします。
谷脇先生2ヶ月間ありがとうございました!



尾川先生恒例の勉強会を行いました。
15時からは患者家族向けに運動の効果について、業務終了後は職員へ高次脳機能障害について、講義していただきました。
特に今回は患者家族の方々のたくさんの参加があり、多くの質問もでて充実していました。
外部の方々へも今後は参加案内していきたいと思います。



今回のFMコザ生放送は、管理栄養士のブラウン章子と山田で行ってきました。
患者さんへの栄養サポートの大切さやIn Body(体成成分分析装置)についてお話ししてきました。
ひな祭りや子供の日などに作る食事を行事食と言います。
その行事食には特にこだわっている栄養科ですが、見た目・味・食感など患者さんの食形態に合わせて良いものを作り続けていきます!!
ちゅうざん病院のフェイスブックにも載せてあるのでご覧になってください。
来週木曜日は、副看護部長の金城ユリ子の登場です!!お楽しみに~



日本脳卒中協会より、講演会「沖縄県 Care AF in 中部」のお知らせです。
日時:平成30年6月15日(金)(19:10 ~ 21:00)
場所:ヒルトン沖縄北谷リゾート

詳細は、チラシをご覧ください。
当院末永院長は、パネリストで参加致します。


平成30年5月

第17回 沖縄臨床栄養懇談会が開催されます。
当院、末永院長は座長として参加致します。

日時:2018年6月2日(土)(16:00~19:00)
会場:沖縄県医師会館3階ホール
沖縄県南風原町字新川218-9番地
会費:1,000円
本会は事前申し込み制となっております。詳細はチラシをご確認の上、お申し込みください。



5月25日(金) 新入職員を対象に、消防・避難訓練を行いました。
火災発生時の初期消火・避難経路の確認など、非常時の対応について学びました。



今回のFMコザ生放送は、副看護師長の小橋川と山田で行ってきました。
看護師の教育体制や院外活動のお話でした!
来週は、管理栄養士のブラウン章子さんの登場です。お楽しみに!



第9回臨床研究勉強会が行われました!
今回は、前田圭介先生から論文の書き方やルールなどを教わりました。
貴重なご講義ありがとうございました。



ちゅうざん病院・栄養科では入院中のお食事を楽しんでいただけるよう行事食にも力を入れてます。
5月5日の「こどもの日」には、お祝いご膳を提供しました。飲み込む力が弱い方にも楽しんでいただけるように対応しました。
今後も患者さまに喜んでいただけるように取り組んで参ります。



尾川先生の豪華2本立て勉強会を開催しました!
15時から患者・家族の方々に対し、テーマ「運動は万能薬である」の講演をしていただき、業務終了後は職員に対して、 症例を通した評価の実際とリスク管理・運動療法の実際について、講義していただきました。
患者家族職員、皆、尾川先生に釘付けでした。



今日は、末永院長とシステムエンジニアの高江洲でFMコザ生出演してきました!
病院でのシステムエンジニアの役割や脳疾患のリハビリの特徴などなどお話しさせてもらいました。
来週は、副看護部長の小橋川が出演します!
お楽しみに!



第4回日本慢性期医療協会によるハワイ研修が行われました。
金城副看護部長と理学療法士の大湾が参加しました。気候にも恵まれ、研修会や特別医療視察もあり充実した遠征となりました。
この経験を生かし当院に還元していきたいと思います。



5月10日のFMコザ生出演は、療法士副部長の村井と山田で行ってきました!
療法士の役割や他院との連携にについてお話ししてきました。
来週は、末永院長の登場です。お楽しみに!



第二回リハ部部長の尾川先生の勉強会を開催しました。
今回は心電図や血液データの診方や、そこから考えられるリスク・症状・リハ提供の質までレクチャーしていただきました。
臨床に直結する内容でした。これから毎週水曜日の業務終了後に開催することになりました。
次回は尾川先生の症例を通した評価の実際を教授していただきます。
質の高い医療を提供できるようにこれからも邁進していきます。





4月28日の午後、現在入院中の方の退院後の趣味・余暇活動支援のため、施設外訓練を実施しました。
入院前からの趣味活動であったマリンスポーツを当院スタッフ同行のもと行いました。
これらの活動は退院後の趣味活動の支援だけでなく、実施後のリハビリ意欲向上等も狙っています。
院内だけでの練習では実際に生活していた場面を想定し難いこともあるため、今後も積極的に院外に飛び出す予定にしています!



5月3日FMコザ生放送に安里と山田で行ってきました。
今回は、訪問リハビリテーションについてお話しさせていただきました。
5月10日のラジオは療法士副部長の村井直人がお届けします。お楽しみに!!


平成30年4月

今回は、通所リハビリテーションの新崎と山田でFMコザ生放送に行ってきました!!
地域リハビリテーションや通所リハビリテーションの役割についてお話しました。来週は、訪問リハビリテーションの安里亮の出演です。お楽しみに!



In Bodyを導入しました。この機器は、体の筋肉量(各部位)や水分量(血管内外)か判別できます。
サルコペニアの指標の一つとされているSMIの計測もできます!
患者さんの現状評価(リハビリテーションの効果、心不全やサルコペニアなどのリスク評価など)いろんな場面で活躍しそうです!


今年度より、和歌山医大の尾川先生がリハ部部長として就任されました。
先日その尾川先生の勉強会を開催し、業務後の自由参加の中で90名のスタッフが集りました。
患者さんの状態を良くするために必要な基礎医学・知識・評価⇔問題点のリンクを講義していただきました。
すぐに実践し現場に還元していきたいと思います。


 

第8回臨床研究勉強会が行われました!!
今回も前田圭介先生の講義は分かりやすくとても勉強になりました。


 

4月12日木曜にFMコザへ摂食・嚥下障害認定看護師の加藤と山田で行ってきました。
回復期リハビリテーション病院での看護師の役割やものを口から食べる大切さなどをお話しさせていただきました。
来週は、療法士副部長の石川が登場です!お楽しみに!


 

4月9日(月)ベトナムより Nguen Viet Quynh Thu先生が栄養管理とリハビリテーションの見学のため、当院を訪問しました。
水中トレッドミルや嚥下訓練、言語訓練、栄養ミーティング等を見学し、スタッフとも活発な情報交換が行え、とても有意義な時間でした。
今後も国際交流を深め、さらなる質の向上を目指したいと思います。
Thu先生、ありがとうございました!


 

FMコザ(76.1MHz)毎週木曜日11時からの「宮島真一のLet's go to the movie!」の番組内で、 「ちゅうちゅうインフォメーション」というコーナーが開始されました。
地域住民の皆様の役にたつ医療情報をすこしづつ発信していこうと思います。

今回は、末永院長と山田で生出演してきました。
ちゅうちゅうインフォメーションは、11時半頃の放送ですが、 「宮島真一のLet's go to the movie!」11時から映画情報満載で放送しています。是非お聞きください。
来週は、摂食・嚥下認定看護師の加藤節子が出演します。お楽しみに!!


 


ちゅうざん病院にもたくさんの新人が入職しました。
初日はみなさん緊張した面持ちでしたが、二日目にもなると少し落ち着きある表情になってきました。
ちゅうざん病院は職員みんなが笑顔で働ける職場を目指して、今後もいろんな取り組みを行っていきたいと思います!



平成30年3月

ちゅうざん病院は新人看護師の教育を重視しています。
プリセプター(新人の世話係)が各新人にマンツーマンで対応し、知識や技術だけでなく、各々の性格や考え方を知り、個々の内面も成長させるべくがんばっています。
また、就職から1年経つと「新人卒業式」というイベントを行い、卒業証書授与します。
プリセプターと新人がお互いに意見交換し、涙ながら1年をふりかえる場面は人と人の繋がりの大切さを実感します。
来週から新年度が始まります。新人が入職し、また新たな物語が始まります!


 

※延期になりました
H30年4月27日(金曜日)の17時15分より、ちゅうざん病院5階ホールにて「現場に活かすOHATを用いた口腔機能評価」の講演を開催します。
講師には愛知県の藤田保健衛生大学病院 看護長の三鬼 達人 先生をお迎えしての大変貴重なご講演となります。
多職種・近隣施設の参加を歓迎いたします。参加費等はありません。ふるってご参加ください!

 

ちゅうざん病院、摂食・嚥下認定看護師である加藤がFM21さんにラジオ出演してきました!
小山珠美先生がご講演された「人生最期まで食べ続けられる社会であるために・・」を胸にちゅうざん病院でも取り組んでいきたいと思います。

 

H30年3月11日、てだこホールにて市民公開講座が開かれました!
「人生最期まで食べ続けられる社会であるために・・・」をテーマに行われ、ちゅうざん病院からは看護師の加藤と喜納の2名が参加しました。

 

ちゅうざん病院のロゴができました!

「沖縄の海、空、太陽。人間は自然の一部であり自然にいかされている。 自然を尊重し、謙虚さを忘れずに情熱の花を咲かせましょう!」
という熱い思いが込められています!!

 



第7回臨床研究勉強会が行われました。
今回はP値について、P値に関連するサンプルサイズや効果量、αエラー、検出力について分かりやすく講義していただきました。

 


H30年3月3日・4日に第37回食事療法学会が開催されました!
テーマは、「ユイマールの心で栄養ケア?太陽の島沖縄からの発信?」でした。
ちゅうざん病院からは、吉田副院長は座長兼コーディネーターとして、 管理栄養士の宮城(げんきにたべてますか?)と平良(嚥下食での沖縄そば提供の挑戦??)は各々発表してきました。

 


H30年2月22日・23日に、第33回日本静脈経腸栄養学会がパシフィコ横浜で開催されました。
テーマは「あらためて腸を考える」です。ちゅうざん病院からは、吉田副院長と栄養科で発表してきました。


平成30年2月


第6回臨床研究勉強会が行われました。
愛知医科大学の前田圭介先生の講義で「統計解析方法の選び方と解釈」について詳しく教えていただきました。

 


1月24日はムーチーの日でした。
通所リハビリテーションのおやつは”ムーチーゼリー”です。嚥下(飲込み)障害がある方でも喜んで食べていただけるように硬さ・味・べたつき・見た目など工夫してみました。
みなさん残さず食べていただき大好評でした!!気になる方はレシピを参考におためしください!!お子さんのおやつにもいいかも!?

『ムーチーゼリー』のレシピ
  • 材料(5人分)
    月桃茶 270mL
    黒糖 38g
    スベラカーゼ(酵素入りゼリーの素) 6.8g

  • 作り方
    1. 鍋に月桃茶、黒糖、スベラカーゼを入れ泡だて器でよく撹拌してから火にかけます。
    2. 1の中心温度が70度以上になるまで加熱します。
    3. 2をバットに流し込み、冷蔵庫で冷やして出来上がり!! 固まったら、食べやすい大きさに切り分けて、きれいに盛り付けて食べてください!!

    *月桃茶がない場合・・・月桃の葉を1~2枚煮出したものを使用するといいですよ。

 


愛知医科大学 講師 前田圭介先生による研究ミニレクチャーが開催されました。毎回研究についての考え方やエビデンスの重要性についてレクチャーしていただいてます。


平成30年1月

1月28日沖縄市民会館で第4回沖縄リハビリテーション・看護フォーラムが開催されました。
東京都リハビリテーション病院の鈴木康之先生、横浜市立大学医学部リハビリテーション科教授 中村健先生にご講演いただきました。
たいへん勉強になりました。この知識を現場にいかせればと思います。

 



1月12日 NPO法人「口から食べる幸せを守る会」理事長の小山珠美先生にご講演して頂きました。
医療現場で食べることが軽視されている現状やKTバランスチャートの有用性などにつきわかりやすく講演していただきました。
当院でも摂食嚥下の質の向上にむけて頑張っていきます!



平成29年12月


FMコザにて毎週木曜19時より放送している、「ちゅライフサポートのわ」に末永院長がゲストで出演しました。
リハビリテーションについてやちゅうざん病院の目指す目標などを、ラジオパーソナリティーと楽しく紹介しました。



平成29年11月




本日は前田圭介先生によるミニレクチャーとして「臨床研究のデザイン」というテーマについて講義していただきました。
研究に対する基礎的な考えなど、興味深い内容となっておりました。

 






前田圭介先生による「診療の質を高めるためのリサーチマインド」というテーマのミニレクチャーにて、 病院として、スタッフとしてどのように動いていけばいいのかご教示頂きました。
今後はNSTやリハビリ栄養はもちろん、研究の方法などもご指導頂く予定となっております。



平成29年10月


本日(10/23)は前田圭介先生によるミニレクチャーとして「臨床研究のデザイン」というテーマについて講義していただきました。
研究に対する基礎的な考えなど、興味深い内容となっておりました。



平成29年9月








ちゅうざん病院リハビリテーション部理学療法課の3名において、第5回日本運動器理学療法学会学術集会に参加し、 研究発表を行ってきました。
PT村井と大城にて、沖縄県内で当院にしかない、「水中トレッドミル」を用いた実績に関する研究内容を。 またPT外間にて当院入院患者様に多い大腿骨近位部骨折の改善要因を検討する調査研究の報告を。 計3つの研究発表を行ってきました。
当院のリハビリテーション部は全国レベルの学会に積極的に発表しておりますが、 今回は初めて運動器に特化した学会で発表してきました。最先端の知見を学ぶと共に、 当院で行っている「しっかりとした評価の元根拠のある治療を提供する」、 といった取り組みに関して間違ってないこととを再確認し、さらに質を高めるための考え方を学ぶことができました。
今後とも積極的な研究論文執筆活動と生涯学習に務め、 患者様・県民国民に対しより良い医療・リハビリが提供できるように組織全体で取り組んでいきます。



平成29年7月






7月15日 首里公民館でWAVES japanの「元気に食べてますか」の活動にちゅうざん職員で参加してきました。
高齢者のサルコペニア予防の目的で講演会や体力測定などさまざまなイベントが行われました。職員の皆様お疲れ様でした。


 












年1回のちゅうざん祭りが開催されました。
かぎやでふうやエイサー演舞など沖縄ならではの催しがありました。
演舞しているのはほとんど職員で遅くまで皆さん練習しているようでした。
患者さんも喜んでくれていました。職員の皆様、実行委員の皆様お疲れ様でした。



平成29年6月




ちゅうざん病院リハビリテーション部理学療法課の2名において、第52回日本理学療法学術大会に参加し、 研究発表を行ってきました。 PT村井にて長下肢装具のバイオメカニクスを3次元動作解析装置を用いて検証した内容を、 PT佐藤にてウォークエイドを用いた片麻痺患者さんの治療効果の報告を、それぞれ発表してきました。
全国学会であったため参加者も6500名と多い学会であり、様々な情報を得ることができとても有意義な発表となりました。
当院は研究論文執筆活動による研鑽活動を行うことで、生涯学習に務め、 患者様により良いリハビリが提供できるように組織全体で頑張っております。 今後も県民・国民の皆様のために、このような活動を継続して行っていきたいと考えております。



平成29年5月




今回は玉名地域保健医療センターの前田圭介先生に講演にきていただきました。
リハビリ栄養のスペシャリストのお話が聞けてたいへん勉強になりました。
あらためてチーム医療の大切さを実感しました。



平成29年3月


3月3日(金)はひな祭りメニューを提供ました。
見た目も華やかでおいしいと皆さんに好評でした。



平成29年2月


平成29年2月23日~24日 第32回日本静脈経腸栄養学会・学術会(岡山県)が開催されました。
当院からは管理栄養士が発表を行いました。




月1回の研究ミーティングです。
主に療法士が中心になって、各々の研究の経過や学会発表に向けての議論を行っています。
療法士のスキルアップとともに、患者さんの利益にもつながると思います。




沖縄は桜の季節になりましたね。
作業活動にて桜をモチーフにしたかんぷー(髪結いゴム)を作成しました。



平成29年1月




平成29年1月22日(日曜日)
本日「第3回沖縄神経リハビリテーション・看護フォーラム」が読谷の鳳ホールで開催されました。
テーマは「リハビリテーション栄養と摂食嚥下ケア」で栄養、摂食嚥下中心に多数の演題がエントリーされました。
特別公演として横浜私立大学付属市民総合医療センターの若林秀隆先生と北山病院の加藤節子先生にご講演いただきました。




平成29年1月13日(金曜)~15日(日曜) 第20回日本病態栄養学会年次学術集会(京都)が開催されました。
当院からは管理栄養士が発表を行いました。




1月5日は旧暦では12月8日「ムーチーの日」です。
本日は通所おやつとして、嚥下のしやすいムーチーの提供を行いました。
月桃の良い香りと黒糖の甘みがあり、皆さんに好評でした。

平成28年12月


12月21日は『冬至(沖縄方言:とぅんじー)』といって、1年のうちで最も夜が長い1日です。
この日にかぼちゃやゆずを食べると風邪予防になるといわれています。
季節に合わせた食事は、患者様に好評です。





クリスマスも近づき、沖縄もやっと冬らしくなりました。
作業活動にてちぎり絵でのクリスマスツリー、キッズ&ベビーサイズのニット帽を作成しました。



平成28年11月



11月26日(土)・27日(日) 名桜大学にて第28回 日本リハビリテーション看護学会学術大会が開催されました。
大会長に名桜大学の金城利雄先生。副大会長に元ちゅうざん病院看護部長の仲西壽美、企画実行をちゅうざん病院副看護部長の金城ユリ子、小橋川由美子で担当しました。
学会終了後は万国津梁館にて懇親会もあり、楽しく交流ができました。
皆さんお疲れさまでした。





10月22日(土)
第2回 患者・家族情報交換・相談会を開催しました。
食事バランス・誤嚥性肺炎予防について、栄養士、言語聴覚士の講話を行い、好評をいただきました。



平成28年10月



今回は高次脳機能障害者向け運動能力評価サポートソフト「HONDAセーフティナビ」のデモにきてもらいました。
若年脳卒中患者さんの社会復帰において自動車運転の獲得は重要で、そのための「自動車運転能力評価」は必要不可欠です。
しかし運転能力評価についてはまだ未確定な部分も多く、これからの課題だと思います。
ちゅうざん病院職員日々勉強です!





ちゅうざん病院5階ホールにて 3次元モーション計測システム(VENUSE3D)のデモが行われました。
歩行などの動作解析をすることで、動作障害の原因やリハビリの効果判定などに役立つと思われました。



平成28年9月



摂食えん下機能評価実習研修会に参加してきました。
ちゅうざん病院の摂食えん下リハビリのレベルアップにつながればうれしいです。
院長



ちゅうざん病院ST(言語療法士)は総勢15人在籍しております。
外来、訪問、入院で言語(コミュニケーション)やえん下(飲み込み)の問題に対してリハビリテーションを行っています。
(写真は週1回の症例検討の風景です。)



沖縄県作業療法士協会MTDLP(生活行為向上マネジメント)推進班による事例検討会が当院にて開催されました。
これからも、対象者やその家族を支援できるよう努力していきます。



8月27日に地域サポート委員会主催の講習会が患者家族向けに開催されました。
起居移乗福祉用具実技や使用方法では活発な意見交換が行われていました。



平成28年8月


この度、当院理学療法科は、日本理学療法士協会より理学療法士新人教育プログラムの臨床見学受入施設に認定されました。
新人教育プログラムの臨床に関するテーマ(C-1~C-5)の単位を、施設見学により取得できます。 新人教育プログラム未修了の方はぜひご活用ください。
見学を希望する方は、当院へご連絡下さい。



平成28年7月


ちゅうざん病院では入院中のお食事を楽しんでいただけるよう行事食に取り組んでいます。





ちゅうざん病院 研究全体ミーティングの風景です。
月に1回各グループの研究担当者が研究の概要や進行状況をプレゼンテーションします。 研究の視点をもつことで臨床をいろいろな側面でみることができるようになると考えています。 研究結果を臨床にいかすことにより患者さんのメリットにもつながります。



平成28年6月


沖縄の梅雨が明けました!!これから本格的な夏の到来です!!
これからの季節は脱水症、熱中症の患者が増えてきます。
長時間の外での作業は控え、こまめな水分補給をこころがけましょう。
 ちゅうざん病院 院長 屋上より撮影







第53回日本リハビリテーション医学会(京都)に参加してきました。
リハビリ医学の最新のトピックスを吸収し、患者さんに還元したいと思います!


平成28年5月



嚥下内視鏡の所見が簡単にモニター、保存、編集できるscopecubeを購入しました!!
これで質の高い嚥下臨床、研究を実現できます!!


平成28年3月



ちゅうざん病院にも温冷配膳機が導入されました。
これで、できたてのあたたかい食事を患者さんに提供できるようになりました。
患者さんのリハビリ意欲の向上に役立てばうれしいです。




ちゅうざん病院では入院中のお食事を楽しんでいただけるよう行事食に取り組んでいます。
今月はひな祭りにあわせて盛りつけしてみました。患者さんの回復に少しでも貢献できればと思います。




ちゅうざん病院では産業医科大学リハビリテーション科と連携して多施設共同研究をおこなっております。
この写真は「慢性期脳卒中片麻痺患者に対する機能的電気刺激(ウォークエイド)の効果」についての研究中の写真です。
機能的電気刺激を脳卒中のリハビリテーションに利用することにより少しでも麻痺の回復にやくだてることができないか研究しています。








2月28日にちゅうざん病院主催の「第2回沖縄神経リハビリテーション・看護フォーラム」が開催されました。
基調講演として国立病院機構名古屋医療センター副院長の奥田聡先生、介護老人保健施設 星のしずくの高口光子先生に講演していただきました。
大変有意義な時間でした。今後も沖縄のリハビリテーションをどんどん盛り上げていきたいと考えております。


平成28年2月

名護城跡の桜です。沖縄は既に気温が20度を超える日もあり、本土より一足先に春の訪れを感じます。


平成28年1月


クリスマス

正月

七草粥

 ちゅうざん病院では入院中のお食事を楽しんでいただけるよう、行事食に取り組んでいます。


平成27年12月


ミニホットドッグ

わらびもち

 ちゅうざん病院の通所リハビリテーションでは嚥下(飲み込み)状態や基礎疾患に合わせて3時のおやつを提供しています。 手作りおやつも好評です。


平成27年11月

当院では嚥下状態の悪い患者さんにたいして「嚥下造影」、 「嚥下内視鏡」にて嚥下状態の確認をおこなっています。しっかり嚥下の評価を行い、 誤嚥のリスクをへらし、必要な栄養量を摂取し患者さんの状態の改善をめざしています。
※嚥下(えんげ):食物を飲み下すこと


平成27年10月


10月17日(土)は沖縄そばの日でした。
今回は嚥下(飲込み)障害のある方でも食べられるよう、ミキサー食の沖縄そばを作り、好評となりました。
今後も患者様に喜んでいただけるよう、取り組んでいきます。




水中トレッドミルという装置でリハビリを行っている様子です。 水中で歩くことのメリットを活かして、適応の方には積極的に練習で使用し、歩行機能の向上を図っています。




10月4日(日) 第38回 日本リハビリテーション医学会九州地方会が開催されました。
今回は当院の田中先生が大会長であり、ちゅうざん病院主催での運営でした。 演題数も多く、また活発な議論も飛び交い、充実した会になりました。
その他の画像はこちら(facebook)


平成27年9月

北谷町 上勢頭エイサー


平成27年8月



ちゅうざん野球部のみなさん。
本日は練習試合のためコザ信金スタジアムに集合してます。


平成27年7月

当院で研修中のぐしかわ看護専門学校の生徒がミニコンサートをひらいてくれました。
アンコールの要望もでて大変盛り上がりました。


平成27年6月

ちゅうざん病院5階ホールにてリハビリテーションにおける機能評価の勉強会が開催されました。 ハンドヘルドダイナモメーターなどを使用して実際に筋力測定の実演をしています。 日進月歩のリハビリテーション学を吸収するためにみなさんがんばっています。


平成27年5月

第52回リハビリテーション医学会学術集会に参加しました。
当院からは「転倒患者における起立性低血圧の頻度と臨床的特徴」末永正機
「回復期リハビリテーション病棟における嚥下障害患者の検討」今山裕康
「モーニングおよびイブニングリハビリテーション導入後の転倒調査」田中正一
の3題エントリーされました。


平成27年4月

平成27年3月21-22日にちゅうざん病院5階ホールにて、Kaltenborn-Evjenth International インストラクターとしてご活躍中の彦根中央病院顧問の理学療法士 林 寛先生をお迎えして、 「腰椎、骨盤、股関節に対するOMPT(K-E)」についての講義・実技の講習会を開催致しました。
詳細はこちら(facebook)


平成27年3月

2月15日(日)社会福祉総合センターにて第1回沖縄神経リハビリテーション・看護フォーラムを開催いたしました。
沖縄の回復期リハビリテーションの発展に貢献できたのではないでしょうか。
詳細はこちら


平成27年2月

2月24日(火)「ワークライフバランス」をテーマに、看護部対象の勉強会を開催しました。


2月7日(土) 第3回 患者・家族情報交換・相談会を開催しました。
今回は「高次脳機能障害について」をテーマに、勉強会・情報交換を行いました。


平成27年1月


 1月10日(土)大阪府私立病院協会 青年部会の皆様が当院の見学を行いました。
 色々な意見交換ができ、有意義な時間を過ごせました。


平成26年12月


 11月29日(土) 第2回 患者・家族情報交換・相談会を開催しました。
介護保険導入までの流れ、住宅改修、栄養バランスのとれた食事、福祉用具などについて、 参加者の皆さんと意見交換を行いました。



 11月22日(土)・23日(日)九州理学療法士・作業療法士合同学会 2014(佐賀)が開催されました。 当院からは6名の理学療法士・作業療法士が発表を行いました。



 11月20日(木)・21日(金) 第22回 日本慢性期医療学会(熊本)が開催されました。 当院からは医師を含めた12名が発表を行いました。
その他の画像(twitter)


平成26年11月


 10月31日(金)沖縄市消防の方々と消防訓練を行いました。
非常時に備えて常に最善の対応ができるよう心掛けております。


平成26年10月


末永正機先生が「中部地区 脳卒中医療連携カンファレンス」にて一般講演を行いました