研究に関する情報

これらの研究は、通常の診療で得られた記録及び過去の記録をまとめることによって行います。 このような研究は、文部科学省・厚生労働省の「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の規定により、 研究内容の情報を公開することが必要とされております。 これらの研究に関するお問い合わせなどがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご連絡ください。
なお、対象となる患者さんがこの研究に必要な以下に示す情報の利用を拒まれた場合はその利用を直ちに停止します。 その場合でも患者さんに一切の不利益は生じませんので、ご安心ください。

問い合わせ先

医療法人ちゅうざん会 ちゅうざん病院 臨床教育研究センター
事務部:佐藤 圭裕
住 所:沖縄県沖縄市松本6-2-1
TEL:098-982-1346

研究課題名 研究
実施者
所属
回復期リハビリテーション病棟に入棟した脊椎圧迫骨折患者の実績指数に関連する要因 真栄里智仁 リハビリテーション療法部
大腿骨近位部骨折患者における実績指数が機能的予後に及ぼす影響 白石涼 リハビリテーション療法部
大腿骨近位部骨折患者における骨格筋量が機能的予後に及ぼす影響 白石涼 リハビリテーション療法部
脳卒中患者における自動車運転再開支援後の追跡調査 佐福地弘文 リハビリテーション療法部
若年脳卒中患者の運転再開と注意機能 石川拓馬 リハビリテーション療法部
回復期リハビリテーション病棟入院高齢脊椎圧迫骨折患者の筋肉量増加が日常生 末吉勇樹 リハビリテーション療法部
80歳以上の高齢者における大腿骨近位部骨折受傷者のOHATを利用した口腔内環境の調査 中濱潤美 医局
脳梗塞リハビリテーション患者の入院時低栄養の関連要因 佐藤圭祐 臨床教育研究センター
大腿骨近位部骨折患者における骨格筋量と実績指数の関連 白石涼 リハビリテーション療法部
食事動作の代償方法獲得により胃瘻抜去となり在宅復帰を果たした仮性球麻痺の一例 久高健汰 リハビリテーション療法部
大腿骨近位部骨折患者における低栄養が在院日数に与える影響 白石涼 リハビリテーション療法部
約20週の荷重制限を認めた患者に対する水中トレッドミルの有用性 佐藤圭祐 臨床教育研究センター
脳梗塞リハビリテーション患者の体幹機能と低栄養の関連 佐藤圭祐 臨床教育研究センター
脳梗塞リハビリテーション患者の入院時体幹機能と機能的予後の関連 佐藤圭祐 臨床教育研究センター
片麻痺患者における長下肢装具完成時期と機能的予後の関連 佐藤圭祐 臨床教育研究センター
失語症および視覚性注意障害を伴う観念失行患者に対するリハ介入 佐藤圭祐 臨床教育研究センター
脳卒中患者の咳テスト延長時間と嚥下障害の関連調査 小池正樹 リハビリテーション部
リハビリテーションで用いられる機能評価法の認知度、必要度についての意識調査 知花ひかり 看護部
リハビリテーション病院における体重減少とその意義についての検討 宮城尚子
ブラウン章子
平良康子
リハビリテーション部
吉田貞夫 医局
運動失調を呈したオリーブ核損傷者に対する免荷式歩行器を使用した理学療法の効果 佐藤圭祐 リハビリテーション部
石倉隆 大阪保健医療大学大学院保健医療学研究科
BIA法で算出したSMIと骨格筋推定式から算出した骨格筋量との関連 佐藤圭祐 リハビリテーション部
前田圭介 臨床研究
センター
回復期リハビリテーション病棟のアウトカム評価に対する取り組みの紹介 佐藤圭祐 リハビリテーション部
リハビリテーション目的に入院した対象者の中で実績指数が37点未満となった要因についての検討 佐藤圭祐 リハビリテーション部
回復期リハビリテーション病院における栄養スクリーニングツール(MUST)の有用性について ブラウン章子 栄養科
看護師による入院時口腔内評価が差し歯の誤飲の早期発見に繋がった一例 加藤節子
仲地修一郎
金城利雄
看護部
前田圭介 臨床研究
センター
KTBC(口から食べるバランスチャート)を電子カルテに実装し、摂食機能療法に活用する取り組み 高吉桃子
加藤節子
金城利雄
看護部
前田圭介 臨床研究
センター
10年間経口摂取できなかった舌癌患者に対しサイドストロー付きジュレを使用し、嚥下機能が改善した一例 加藤節子
高吉桃子
金城利雄
看護部
原田 旬 リハビリテーション部
前田圭介 臨床研究
センター
スメドレー式握力計と油圧握力計の握力値とSkeletal muscle indexとの関連 西大舛高暉
佐藤圭祐
宮城佑和
リハビリテーション部
脳梗塞患者における大腰筋面積と骨格筋量推定式から算出する骨格筋量との関連 佐藤圭祐 リハビリテーション部
前田圭介 臨床研究
センター
スメドレー式握力計とジャーマー型握力計の握力値の比較 宮城佑和
佐藤圭祐
西大舛高暉
リハビリテーション部